ARCHIVE  ENTRY  COMMENT  TRACKBACK  CATEGORY  RECOMMEND  LINK  PROFILE  OTHERS
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
2015.06.15 Monday

白川ダム(山形県)


新緑の芽吹きと水辺の風景が撮りたくて
ここにやってきた。
ミントブルーの水面に柳の木がにょきにょきと顔を出している。
桜に飽きて来たから新緑が嬉しい。

白川湖
 
2015.06.14 Sunday

おしら様の垂れ桜



秋田県湯沢町の白山神社境内の桜
白山神社なので「おしら様」なのだそうですが、
雑然として撮りずらい。
フィルムユーザーには手強い桜だ。

おしら様
 
2015.06.14 Sunday

弘前よさらば。


道の駅より弘前公園に出勤、
外濠はまだ普通の水面状態。
ピンクの絨毯になった所謂「花筏」状態になるのを待つ。(コンビニ駐車場で)
いらいらしながら風が吹くのをじっと待つのは辛い。
「駐車料金1日1000円」の看板を横目に次のコンビニに移動。
風が少し吹き始めた。
もっと強風が吹けばピンクの花筏が出現する。
しかし、コンビニの駐車場に停車しているのも限度があり、
しかたなく1日1000円の駐車場に移動することを決意。
車を発進させるが今日は日曜日、
駐車場は既にどこも満車。
しかたなく元のコンビニに戻り、
忍者のようにカメラバックと三脚を手に外濠に向かう。
適当に撮って弘前を後にした。
開放感に浸る。

花吹雪
2015.06.11 Thursday

弘前公園


弘前に来て5日目、
かなり疲れが溜まってきた。
体はクタクタで腰は痛いし最悪のコンデイションになってきた。
もうこの地を離れたくて仕方がない。
明日、外濠の花筏が撮れたら
とっととこの地を後にしよう。
写真は西濠のライトアップ。

西堀

 
2015.06.11 Thursday

弘前公園


弘前に来て4日目、
今日は内堀の一般公開のライトアップ中心に撮影した。
駐車料金も考え効率的に時間を潰す。
その間は写真家にとって全くの無駄な時間だ。
観光地はこれだから嫌だ。
昨日はionでお買い物。

下乗橋夜景
2015.06.09 Tuesday

芦野公園 走れメロス


弘前に来て3日目、
五所川原まで足を延ばす。
予てから撮影したかった津軽鉄道の芦野公園駅
桜と電車のコラボが爽やかで、
全国から写真愛好者や撮り鉄が集まる人気スポット。
桜名所百選にも選ばれている。
2012年に来た時は桜が全く咲いていないのに
満開宣言が出るという最悪の悲惨な状況だった。
花芽がほぼ全部鳥に(ウソ)食われるという
悲しい状態で、出店のお兄さんも寂しそうだったが、
今年は桜も無事に咲き、
観光客やらクラブツーリズムやら、
いっぱい来てごった返していた。
人が多すぎてどうにもならんちゅーに!

merosu
 
2015.06.09 Tuesday

弘前公園 2日目


弘前公園の2日目。
中濠のライトアップ中心に撮影。

中濠
 
2015.06.08 Monday

弘前公園

4月21日
弘前公園に到着した、ここは場所が広く、
撮りどころがたくさんあるので大変だ
先ずは外濠の夕焼けから。

弘前1

 
2015.06.06 Saturday

角館の桜


北上展勝地の桜を撮影した後、帰宅する予定でしたが、
いろいろ欲が出てきてしまい、
「ここまで来たら弘前公園まで行かなければ」と
思うようになり角館まで来てしまった。

東北三大桜の一つ角館武家屋敷の桜。
もっともこちらはは樺細工伝承館というのだそうですけれど、
角館武家屋敷街の桜ではここが核心部で、
黒塀にしだれ桜が良く合うのです。
快晴を願っていましたが、
桜の咲き具合もいまいちボリュームがなく、
「雨でしっとりも情緒があっていいか」と、
ライトアップも撮影して弘前に向かう。

角館

 
2015.06.05 Friday

北上展勝地の桜


三春の滝桜撮影後花見山に向かったが、
既に良い時期は過ぎ、カメラを出す程の状態ではなかった。

岩手県の北上川の川辺にある北上展勝地の桜は
東北三大桜の一つに数えられる桜の景勝地だが、
前回訪れた2012年の東北の桜は、どこの桜も良くなかった。
とりわけここの桜は上半分の花芽が鳥(ウソ)に食べられ、
枝だけになっているという壮絶な状況になっていた。
東北三大桜ということでどうしてもここを撮影したかった私は、
福島からちょっと足を延ばすことにした。
今年もそれほど良い状態ではなかったが、
それなりに咲いた桜と青空が迎えてくれた。

北上

 
Powered by
30days Album